ぞらりあん委員会

主に家族の悩み、仕事のこと、ぞらりあんの生き方・考え方を発信する雑記ブログ。

MENU

【スポンサードリンク】

前の職場で1日逃げた話

【スポンサーリンク】

こんにちは!

起業家目指すサブカル系女子ぞらりあんです!

 

わたしは社会人2年目なのですが、実は新卒で入った会社を半年で辞め、今は2つめの職場で働いています。

 

最初の会社を辞めた本筋の理由は、今の職場に呼んでもらったからなのですが、入った当初から「やだなー辞めたいなー」なんて思ってました。

 

なぜそう思ってたか。

 

 

言わずもがなです。

ブラックに片足突っ込んだ会社で、人間関係がまじクソだったからです。

 

だから、今の職場に呼んでもらったときは「まじ救いの手・・・」なんて思ったものです。

 

 

今日はそんな前の職場での1日逃亡エピソードをお送りします。

 

目次

 

♯もともとしぶとい人間

わたしは自分で言うのもナンですが、なかなかしぶとい根性の持ち主です。

たいていのことは根性論で何とかしようとするので、よく大雑把だといわれます。。

 

中学生の頃の話をしますが、あの頃はいじめが流行ってました。

 

 

(なぜ小中学生の頃っていじめが流行ってたんでしょうねぇ。

そういえば、大人になってもいじめをしている人って大体頭弱そうな人たちだな。

だって起業する人とか、ブログで稼ぐ方々のいじめなんて聞いたことないですもん。。)

 

 

話が逸れました。。

 

そう、わたしは”いじめられる側の人間”でした。

 

しかし根性がしぶといので大体は自分で解決するか、いじめっ子が逆らえない先生に告げ口したものでした。

 

それに加えて昔からわたしは、寝ればストレスがなくなるタイプの人でしたw

それもあってすっかりわたしは自分が”強い人間”だと勘違いしていたのです。

 

 

#自分を過信しすぎてた

そんなこんなで自分を強い人間だと思い込んだまま、社会人になったわたしは会社の強いストレスに圧迫され、どんどん余裕がなくなっていきました。

 

業務、人間関係。

これにはほんとに苦労させられました。

 

加えて実家暮らしということで、自立したいのに親の圧力もありました。

 

仕事で疲れてイライラして帰って来れば、親の小言が待っていてそれにもイライラ。

まさに板挟み状態だったのです。

 

そんな感じで自分を騙し騙し、毎日出勤していた折。

 

 

ある日、母親と小さいことで喧嘩をして出勤しました。

 

イライラしながら家を出たはいいものの、出勤途中で人に流され、満員電車に潰され、とうとう心が折れました。

 

乗り換えの駅でぶわっと涙があふれて止まらなくなってしまったのです。

 

なにが悲しいとかじゃありませんでした。

いろんなストレスに耐え切れなくなって、足もそこから前に進まなくなりました。

 

 

そんなとき、なぜかここにきてしぶとい根性が顔を出しました。

わたしの根性はわたしにこう言いました。

 

「今日は仕事なんかいかなくていい。逃げちゃえ!

わたしは人ごみに逆らってそこから逃げ出しました。

 

 

 

#壊れる前に、逃げちゃえよ

わたしは今思い返してもこの時逃げて正解だったと思っています。

このまま仕事に行っていたら、仕事中になにをしでかしたかわかりません。

 

逃げ出す勇気も時には必要です。

 

一旦逃げて、ゆっくり考えて、復帰できるようになったら、復帰すればいい。

わたしも1日考えたら、気持ちも落ち着いて次の日には復帰することができました。

 

 

仕事をするにしても、遊ぶにしても、身も心も健康であるのが一番です。

ストレスで壊れてしまっては、元も子もない。

 

壊れそうになったら、逃げていいんです。

周りに何を言われても知ったこっちゃない。

自分の裁量は自分がよくわかっているのだから、人の裁量に振り回されてはいけない、そう思います。

 

是非、自分を大事にしてあげてくださいね。

 

 

 

⇓世間と違うことをするのが怖いと思う人はコチラ。

zoraao1994.hatenablog.com

 

⇓心に余裕が欲しい人はコチラ!

zoraao1994.hatenablog.com

 

 

【スポンサーリンク】