ぞらりあん委員会

主に家族の悩み、仕事のこと、ぞらりあんの生き方・考え方を発信する雑記ブログ。

MENU

【スポンサードリンク】

”男女平等”を本当に願うなら男は責めず女は甘んじるな

【スポンサーリンク】

こんにちは!

起業家目指すサブカル系女子ぞらりあんです!

 

世の中の出来事を一挙に解説してくれる池上彰さんの番組が割と好きでよく見るんですが、番組内で男女平等という言葉が聞こえたのでそこから家族議論になってしまいました(^^;;

 

今の日本ってほんとうに『男女平等』だとおもいますか?

 

 

わたしはおもいません。

正確には世間的風潮では男女平等と言ってますが、現実はそうではありません。

 

会社でのマタニティハラスメントとかはよくニュースでも聞きます。

セクハラも大抵悪者は男性。

 

でもほんとうに悪いのは男性だけ?

 

 

目次

 

 

#女は女の地位に甘んじすぎ

男女平等の話しになると人はたいてい世の中とか法律とか言い出します。

 

ニュースを見ていると、謝罪をアピールするように事を荒立てているのは大抵女性です。

前述のマタハラはセクハラ。

これに関して世の女性は特に過敏になります。

 

でも。

女性は女性で女であるということに甘んじてますよね?

 

例えば。

「力のつよーい男性ー!これ持ってー!」

 

実際、一般的な女性は男性に比べて力が弱いことが多いですが、明らかに女性でも持てるようなものをわざわざ男性を呼んで持たせるってある意味パワハラになりません?

 

男性だからってだけで力仕事を押し付けるのはおかしい。

女性だってその気になれば重いものを持てます。

 

 

それから女性特有の数の暴力。

女性って人数で固まるのがやたら好きなんですよ。

んで、口達者な人がいるとどんどん盛り上がっちゃう。

 

ここにひとり男性が巻き込まれると悲惨です。

女性は面白いから男性に根掘り葉掘りの質問をする。

正直聞かれたくないことも聞かれる。

「いやだな……」

とおもうことでしょう。

 

しかしこれらを世間に晒すと男のくせにみみっちいとか言われるんですよ。

 

だって女はそれを悪いことだとこれっぽっちもおもってないから。

 

女は女であるというだけで、世間から優遇されているんです。

 

電車の女性専用車両

レディースデー。

男性客のみのプリクラお断り。

etc……

 

ここまで世間は甘いのにまだ女性は不利だというんですか?

女性は優遇されて当たり前という概念、今すぐ捨てましょうよ。

 

 

#結局どっちもどっち

結局これなんですよ。

 

仕事となると、どうしても女性は結婚して子どもが生まれるとそちらに掛かりきりになるから男性社員は疎んでしまう。

 

 

お前が産んでみろってんですよ。

 

男のほうが痛みに弱いから、出産の痛みを感じたら男は耐えきれず死ぬそうですよ。(例えるなら鼻の穴からスイカを出すような痛みだとか。ヒーーー痛そう!)

そんな痛みを伴って産んでる女性を尊重すべきです。

 

そんなマタハラをするから女性が子どもを産まなくなる。

結果、未来の社会人が減るんです。

 

なにもわからないのに、男は女を責めるな。

 

 

そして女性。

女性は男性がそのようなことを理解できないことを知ってください。

そして自分が日本社会からどれだけ優遇されてるのか理解してください。

男性は女性の優遇具合に妬いてるだけです。

 

それをこれぞ女の武器とばかりに振りかざさないでください。

ほんとに武器です。

 

女は女の地位に甘んじるな。

 

 

 

#最後に

乱暴な言葉づかい失礼しました。

ちょっと世間に物申したかったので(^^;;

 

わたしは女ですが、だからって女扱いされるのはいやです。

デートでは付き合っている以上、自分の食べたものは自分で払いますし(料理に敬意も払いたいし)、自分のカバンを彼氏に持たせている人を見るとイラッとします。

 

また、女の子だから態度に気をつけろとか、言葉づかいが悪くちゃいけないとかも嫌いです。

 

 

男女平等ってひとりひとりが相手に敬意を表することだとわたしはおもいます。

 

【スポンサーリンク】