ぞらりあん委員会

主に家族の悩み、仕事のこと、ぞらりあんの生き方・考え方を発信する雑記ブログ。

MENU

【スポンサードリンク】

ホリエモンの「多動力」今働き方に迷ってるあなたに読んでほしい

【スポンサーリンク】

f:id:zoraao1994:20170614141738j:image

こんにちは!

カフェ経営者目指す、サブカル系ブロガーぞらりあんです!

 

 

昨日、またもや仕事に行くのが嫌で仮病で休みました^^;

 

どうせ休むなら自分のために時間を使わないともったいないので、一日中ブログを書いたり、クラウドワークスで案件をこなしたり、本を読んだりして過ごしていたのですが。

 

久々に入った本屋で気になっていたホリエモンの「多動力」を発見。

 

多動力って言葉がどんな意味なのか。聞いたことない言葉だったから気になっていたんですよね。

ホリエモンの本って読んでみたかったのですが、今までこういう本を父に勧められて読んでもそんなに面白くなかった。響いてこない。だから何となく嫌煙してたんです。

 

でも本屋って立ち読みできるじゃないですかw

 

ちょっとパラパラめくっただけで一気に引き込まれました。

これ、わたしのこと言ってる本だわ。

 

今のわたしに必要なことしか書いてなかった。

そう、まさに働き方に迷っているわたしに。

 

だからこれを読んでいる働き方に迷っているあなたにも是非読んでほしい。

 

 

#多動力とは?

本を開いてはじめの文章で「多動力とは何か」を明確にしてくれている。

とてもありがたいです。結論をズバッと言ってくれた方がそれを念頭に後の文章を読める。

ホリエモンはこの本で「多動力とはいくつものことなることを同時にこなす力」と言っています。また「自分の人生を1秒残らず使い切る生き方のこと」とも捉えているようです。

 

わたしはこの最初の1文でもう考えさせられました。

わたしは自分の人生をだいぶ無駄に過ごしている。

嫌な仕事に拘束されている9時間余りを完全に人の時間として使っていた。

自分の人生の3分の1を放棄していた。

就職してから本気で楽しいと思ったことは正直なかった気がします。

 

これ、自分の人生を生きていると言えるんでしょうか。

 

 

#心に残った言葉

この多動力、読んでいて「わかるわかる」「それ、言いたかった!」と思わず同意してしまう内容が盛りだくさんで、普段周りの人たちや親のいうことを聞いていて、「わたしの考え方っておかしいんじゃないか」と思っていたのが、この本を読んだことでとても救われました。

 

特に心に残った3つのフレーズを紹介します。

*飽きっぽい人ほど成長する

わたしは過去にこんな記事を書いたことがありました。

 ”飽き性”で何が悪いの? - ぞらりあん委員会

この記事は飽き性についてつべこべ言われた時に勢いで書いた記事なのですごい大口叩いてますね^^;

数ヶ月後に自分が仕事で悩まされることも知らずにね。

 

わたし自身は飽きっぽいことを長所だと捉えているのですが、周りはやっぱり違うようで、親にも転職したいと言い出せません。情けない。

 

しかしこの章でホリエモンは「飽きっぽいことは成長すること」と言ってくれていて、わたしの考え方は間違っていなかったと思わせてくれました。

 

 

*嫌だと思ったらやめればいい

この章では、やりたくないことはやらない。やりたいことを決めれば自ずと道が現れると言っています。

 

やりたくない仕事をだらだらとやって結果を出せないとか、ストレスが溜まって仕事ができなくなるとかは「自分の人生を生きている」と言えるんだろうか。

 

「好きこそものの上手なれ」ということわざもある通り、好きな分野では最大限に力を発揮できますよね。

 

逆に苦手な分野や、嫌だなと思ったことは良い成果を出せない。

 

単純なことなのに、なんでできないんだろう。(自分も含めて)

 

 

*永遠の3歳児たれ

3歳児のような多動力で、好奇心旺盛に生きるということを話しています。

 

なんでも好奇心を持ってやってみればいい。

わたしもそう思っています。

やってみなければわからない。

 

しかし多くの大人は「やらなくてもわかる」と言います。

しかも大抵「やらなくてもわかる」と言った大人はその後にこう続けます。

 

「どうせ失敗するんだから」

 

どうせと言っている時点で、予測でしかない。

やってみて失敗だったら、それは経験としてその人に積み重ねられ、将来の役に立つかもしれない。

やってみて成功だったら万々歳ですよね。

 

やらずに机上の空論で「どうせできない」「どうせ失敗する」と言っていては、何も身についていかないと思うんですよ。

 

やらないで何も得られないより、やって失敗した方が経験が得られる。

 

3歳児の時当たり前だったことが、大人はなぜできないんだろう。

 

 

#まとめ

わたしは今、生き方に迷ってます。

迷いながらこの記事を書いているので、グダグダかもしれません。

でもこの「多動力」を読んで、一筋の光が見えた。

今までわたしの考え方が否定されてきたけど、それは間違っていなかったと肯定されたような感覚でした。

 

【スポンサーリンク】